コンテンツ

ダイビングインフォメーション

LET'S GO DIVING!!

ダイビングイメージ タイ最大のダイバーズリゾートとして知られるプーケット(アンダマン海)のダイブサイトはプーケット近郊とシミラン諸島の大きく分けて2つ
タイ本土からの豊富な栄養分を受けたインド洋の海中は、魚影の濃いことでも知られる世界有数のダイビングスポット。
50を超えるダイビングポイントでは、
癒し系~ダイナミックポイントまでバリエーション豊かなダイビングスタイルが楽しめる。


シーズナリティー

プーケット近郊(通年)
シミラン諸島(10月中旬~5月初旬)

プーケット近郊 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
平均気温 30℃~32℃ 32℃~33℃ 29℃~32℃ 28℃~30℃
平均水温 28℃~29℃ 29℃~30℃ 28℃~29℃ 27℃~28℃
ウェットスーツ ショーティー(3mm) ショーティーorフルスーツ(3mm)

ダイビングスタイル

プーケットでは、アンカーリングよりもドリフトダイビング(流れに乗ってのダイビング)が主流です。ダイビングを終え水面で待機していると、ボートがダイバー達を拾いに来てくれます!また、ドリフトスタイルの場合は、流れ に逆らってボートに戻る必要が無いので楽ちんですよ!

※シミラン諸島は、プーケット近郊より水温が若干低くなりますので、数日間のクルーズやナイトダイビングをする方にはフルスーツがお勧めです。

ポイントまでのアクセス

ダイビングイメージダイビングボートでの1dayトリップが一般的。
プーケット近郊 : ダイビングボートでの1dayトリップが一般的。
ビーチダイビング : 島の南側にあるカタビーチなどで乾季(11月~5月)のみ開催。
シミラン諸島 : 乾季中は日帰り~ロングクルーズまでアクセス可能。


ダイビングボート

30~40人程は乗船できる大型のダイビングクルーザー使用。船内にはトイレ、シャワーが完備され、オーディオルームや見晴らしのいいサンデッキなどダイビングツアーを楽しむ為の設備が充実している。又、フリードリンクコーナーでは、コーヒーや紅茶、ソフトドリンクなどがいつでも飲める。

◆デイトリップ船

デイトリップ船

◆クルーズ船

クルーズ船イメージ

ボート乗り場

シミラン諸島:タプラム港
パトンビーチから車で北へ1時間15分

プーケット近郊:チャロン港
パトンビーチから車で南へ30分

当日の流れ(デイトリップの場合)

当日の流れホテルにお迎え
↓ 送迎車で港へ
↓ 港に到着
↓ 日本人スタッフと合流
↓ ボートに乗船
↓ ダイビングポイントへ
↓ ランチを挟んで数本のダイビング
↓ 港へ帰航
ホテル到着

船酔いが心配な方に

ニスキャップダイバーに好評の酔い止めアネロン「ニスキャップ」

※ボートには、タイの酔い止めが常備されています。


お問い合わせはこちらから


ページトップへ