コンテンツ

お勧めレストラン情報 カタビーチ

2006/01

知ってると便利!レストランで役に立つ会話集!

カパニーナ

店先イメージ お手頃価格で美味し~いピザやイタリアンのメニューが食べれると評判の「カパニーナ」はプーケット カタリゾートというホテルのエントランスのすぐ近く。カタロードからは少しソイ(通り)を入った奥のほうに位置します。大きな通りにも看板は出ていますが、ちょっと見つけにくいかもしれません。隣にはバッファローステーキハウスという有名なお店もありますので、そちらを目印に行くと見つけやすいかも?お店自体はそんなに広~いというわけではありませんので、20時頃訪れるともう既に満席の状態でした。

メニューは沢山ありすげて、悩んでしまう!!さんざん悩んだ挙句にピザ2枚とスパゲティーを頼みました。とっにかくこの人気振りには驚いてしますほどの混みようで、店員さんはテンテコ舞い状態。やっと料理が来たのは約1時間後・・・。今度はもう少し早めの時間に来ようと心に誓いました。

トマト&モッツァレラチーズ 間違えて運ばれてきたトマト&モッツァレラチーズのサラダ。「食べちゃおうか?」と皆でコソコソ話し合いましたが、本当に頼んだ人もまたお腹を空かせて待っているはず・・・。写真だけ撮らせてもらいました(笑)

今度は本当に私達が頼んだピザ。マルゲリータ(レギュラーサイズ 180バーツ/ビッグサイズ 500バーツ)。ピザはとにかくデカイ!との噂を聞いていたのでレギュラーサイズをオーダー。それでもかなりの大きさです。「その店の真価を問うにはシンプルでスタンダードなメニューを選べ!」と頼んでみましたが、なぜでしょうか、こんなシンプルな具なのに生地の歯ごたえと言い、チーズの食感、プラス空腹も加わって、目を丸く「美味しい!」と一堂声をあげました。

「Peperoni+melanzane」(レギュラーサイズ230バーツ/ビッグサイズ570バーツ)は迫力の茄子好きの友人「茄子万歳~!茄子最高~!」と感動しまくっておりました。ピーマンものっているので、少し苦味があり大人の味です。

「Amatriciana : トマト、ベーコン、オニオン、ブランデー」(値段を書き留め忘れました)スパゲッティーはスリーミーで優しいお味。こんなに店が混んでいるのにスパゲッティーの湯で加減が最高に良かったというのは、それは勿論シェフの技?とにかく、なかなか出会うことが出来ないような完璧なまでの麺に感動しました。

ナスのピッツァ ナスのピッツァ ナスのピッツァ

大人4人とお子様1人でこの量でピッタリ。美味しい・ボリュームあり・お手頃と3拍子が揃っており、沢山あるメニューを堪能するにはお友達を誘って大勢で賑やかに訪れたいレストランです。

レストラン詳細

capannina
30/9 Moo.3,Kata Rd.,T.Karon,A.Muang,Phuket 83100
TEL:076 284318
営業時間:11:00-0:00くらい

カタママシーフード

店先イメージ

カタビーチにある地元価格が嬉しい&オン・ザ・ビーチというGOODロケーションなレストランのご紹介です。カタビーチのローカルバス(ソンテウ)乗り場付近のカタロードから更に南へ(突き当りを右へ曲がる)。左手に<カタママ シーフード>。
ビーチからもアクセスできる造り=オン・ザ・ビーチのレストランとなっています(ビーチからですと、カタビーチの南端の一角です)。「おお!こんなレストランがあったんだ。」と今までカタビーチを訪れることはあっても、なんせ小心者ですので、ここまで歩いてきた事はなかったのではじめて訪れた場所でした。

以前はホテルだったそうですが(レストランもあったが)、現在ではアコモデーション部分はなくなり、レストランの規模を拡大して営業しているそうです。メニューはシーフードを中心にヨーロピアンフード・タイフードなど選ぶのが大変なくらいに豊富。今回は店のお姉さんにお勧めを聞きながらタイ料理を中心にセレクトしてみました。

空芯菜の炒め物 カニ炒飯牛肉のカレー炒め

<空芯菜の炒め物(パック・ブン・ファイデーン)50バーツ><エビのエンプラ(クン・チュッ・ペン・トート)100バーツ><カニ炒飯(カーオ・パット・プー)50バーツ><牛肉のカレー炒め(ヌア・パッ・ポン・カリー)>

店内イメージ ややお味は薄め&ヨーロピアンも多いせいか辛さは少なめ。しかし、お勧めのカニ炒飯は大きなカニの身がゴロゴロと入っており、小さい皿を頼んだのにボリューム満点で50バーツとは安い!ビーチ沿い、しかもオン・ザ・ビーチと言えば少々お高めのイメージがありますが、ここは本当にお安い料金設定だな~とかんしんしました。
朝は9時過ぎからやっているので、モーニングタイムにもお勧めです(紫外線にはご注意を!)。昼はカタビーチのノンビリとした風景を眺めながら夜は海の音色を間近に、お腹だけでなく心満たしてくれるカタビーチのお勧めレストランです。


レストラン詳細

KATA MAMA SEAFOOD
TEL:076 284031
OPEN:09:30-22:00

クワイチャップ

店先イメージ

カタビーチの南端、東西に走るKHOK TANOTロードから山側へ。車で約5分程走った右手にあるレストラン。私も愛読しております<ちゅっちゃんさんのページ(プーケットを楽しむ)>でもご紹介されておりますレストランで、以前から気になっておりましたが、今回改めて師匠にご紹介ご紹介頂いてついに訪れることができました。昼時にはお客さんがいっぱい!欧米人の姿も多く見かけられました。客の多さは人気のバロメーター。これは期待ができそうです。

こちらのレストランのお勧め料理は何と言っても<クワイチャップ><クワイチャップ>とは麺の名称で、お馴染みクイッティラオ同様米粉の麺です。乾燥した状態の麺は壊れたライスペーパーのようですが、鍋に入れると水分&熱の力でクルクルと丸まります。クイッティァオとはまた違った食感が楽しめる麺です。クワイチャップのお味は2種。<ナーム・サイ=シユーカーオ(白醤油)ベースのクリアスープ>と<ナーム・コン=シーユーダム(黒醤油)ベースの黒いスープ>から選べ、<ナーム・コン>にはより多くのモツ類の具がたっぷり入っており、その臭みを消すために八角やシナモンといった香辛料が効いた濃厚なお味が楽しめます。

ナーム・サイ また多くの店ではゆで卵&豚または牛の血を固めたレーバーのようなプディングが入っているのも特徴です。香辛料があまりお好みでない方は<ナーム・サイ>、香辛料タップリの濃厚なお味をお好みの方は<ナーム・コン>がお勧めです。私はお店のリコメンドする<ナーム・コン>を頂いてみました。ツルっとしたマカロニにも似たような食感の麺と複雑な風味が絡み合ったスープ。麺は少々少ないようにも感じますが、具沢山なので1杯でも満足感はありますが、これなら2杯くらいは食べれそう!?プーケット訛りで<ホイチャップン>なんて音に聞こえ、地元の皆さんにはこんな名前で親しまれているコチラのお店。クワイチャップ以外にもクイッティァオ・ナーム、クイッティァオ・トムヤム、パッタイ(タイ風焼きそば)、カーオパット(炒飯)、パット・ガバオ(バジル炒め)などなどのタイ料理のスタンダードメニューも揃っています。カタビーチにお泊りの際には是非是非立ち寄ってみてください。
LOCATION: KHOK TANOT Rd. 中程。カタビーチからは少し距離はありますが、何とか徒歩でもいける距離。通りには流しのバイクタクシーも走っています。

レストラン詳細

クワイチャップ ナーム・コン
TEL:09-8744395
OPEN:9:00-21:00

ラトリー ジャズトラン

店内イメージ

カタビーチといっても海に直接面しておらず、山側の丘の上に立つこの<Ratri Jazztaurant>。一見するとまるでギリシャのパルテノン宮殿を思わせるような佇まいとなっています。サンセットの時間に合わせてコチラを訪れる計画を綿密に立てたのですが、友人がのんきに車の修理なんかをしており、計画より出発時間15分遅れ。サンセットを逃すものかと必死で心臓破りの丘を登り、更に階段で上へ。到着した頃にはオッサン&オバチャン連中の私達は既に「ハ~ハ~」と息を切らしておりました。

そこに広がるのは見渡す限りのカタビーチの夕暮れ。薄紫色に染まった空とポッカリと浮いたカタビーチのシンボルのような小島がすばらしく平穏な絵を作り出していました。オープンエアースタイルでシートもソファー席が多く占め、ゆったりと寛げる造り&ナチュラルな色使いにプラスしてカラフルな色を上手く使用したとてもおしゃれな雰囲気です。2階部分にはこのお店の名の由来ともなっているジャズの演奏が行われるステージがありました。
めにゅーはシーフード&タイ料理。私達が頼んだのは<春巻き><ミアン クイティァオ>写真奥から<生エビのナンプラー漬け><アヒル肉のカレー><牛肉のタイ風サラダ>の5品。

メニュー メニュー

4人で各2~3本ビールを飲み、合計2500バーツのお会計でした(サービスチャージ 10%、VAT7%あり)。どれも見た目も美しく、味もなかなかのもの。1品1品の値はやや張りますが、ご夫婦や恋人とのスイートな時間を過ごすには超オススメのレストランです。ちなみにジャズの演奏は 20:30~。時間をもてあましてしまった色気のない私達は早々に気を使わずに飲める場所に場所を移動。は~、こんな素敵な場所でのんびりと優雅に過ごしてくれる人募集中です・・・。


レストラン詳細

Ratri Jazztaurant
TEL:076 333538-9
URL:http://www.ratrijazztaurant.com/
営業時間: 09:00-24:00

ラープ クラシック

店内イメージ

カタビーチでイサーン(タイ東北部)料理を食べれるレストランでは有名なお店。
カタビーチの山側を走るパタックロード沿い、プーケットタウンよりにあり、バーン・カタ・スクールが目印です。
イサーン料理は辛さはありますが、比較的日本人の口にも合いやすいのか、日本人のお友達の中でもとても人気があります。タイ料理と言えばで名前が挙がる<ソム・タム>もイサーン料理には欠かせない料理の一つです。
店内は改装したばかりらしく、イサーン料理屋にありがちな「こ汚い店内」とは一線を画した「こ綺麗」な店内となっています。グループでプライベート感を楽しめる席も豊富にあります

<カオ・ニィァオ もち米>
<ソムタム・タイ タイ風パパイヤサラダ 55バーツ>
<ナム・トック・ムー イサーン風豚肉スパイシーサラダ>
<トム・セーブ イサーン風酸辛スープ>
<シークロン(グ)・ヤーング あばら骨付き豚BBQ 90バーツ>を頼みました.

空芯菜の炒め物 カニ炒飯牛肉のカレー炒め

盛り付け同様、お味もどことなく普段食べているイサーン料理よりお上品な味付け!?
あばら骨付き豚BBQは胡椒が効いててとても美味しかったです。他と比べてもお値段もそれほど高くありませんでした。メニューにはイサーン料理の他、各種タイ料理とメニューには英語表記も付いています。
おしゃれなレストランが多く並ぶカタビーチ。イサーン料理も少しおしゃれに頂きたい時にお勧めのレストランです。

☆飲み物お値段☆
シンハービール 小50バーツ/大100バーツ
ハイネケン 小60バーツ/大120バーツ
チャーンビール 小40バーツ/大80バーツ


レストラン詳細

LARB CLASSIC
Patak Rd., Kata Beach, Phuket
営業時間:11:00-1:00

ル・グランプリ・レストラン

店先イメージ

場所はカタビーチとカロンビーチの山沿を走るパタックロードの丁度中間にあるガソリンスタンドから海側に行くタイナ・ロード(TAI NA ROAD)上。
【ピーチヒルホテル】の街側の入り口がある三叉路から2-300m位進んで右手にあり、
フランスの国旗職の青・白・赤の入った看板が目印です。

ここのシェフは何でも1996年にモナコグランプリで初優勝を飾り、日本と縁が深い事には2003年にトヨタに移籍、2004年に日本グランプリを最後に一線を退いたフランスのF1レーサー<オリビエ・パニス>氏のシェフをされていた方らしく、店内にはそれを知ることのできるF1グッズなどが飾られています。

店先イメージ

ここは以前友人から「タン・シチューがすっごい美味しいんだ!」と紹介されており、約1年前くらいに訪れた事がありました。
そのタン・シチューのお味といったら絶品!お口の中でほぐれるあの味に思いを寄せつつもその後なかなか訪れる機会がなく、ず~っと「またタン・シチューを食べたい!」と願っており、やっと訪れる事ができました。
フレンチ・・・と言うと、私なんかのような庶民にとっては「フォークとナイフ」をイメージさせる料理の代表格であり、ちょっとドレスアップなんかしてサンダルなんかでは決して訪れていけないようなやや堅苦しいイメージもありますが、こちらはかなりカジュアルな雰囲気。勿論、サンダルでも入れます(笑)

店に駆け込むやいなや、真っ先にタン・シチューをオーダー!! 「生憎、品切れです。」 え~!!ガッカリ・・・。何でも店員さん曰く、かなりの人気メニューでもあり、その上プーケットでは仕入れるのもなかなか難しいとの事。あの時口にできたのはかなりラッキーだったのだと思います。

仕方なく(失礼。)他のメニューをオーダー。
-Bread Slice with pate(フランスパンwithパテ) 70バーツ
-Roquefort blue cheese salad(ブルーチーズ入りサラダ) 120バーツ
-Fish of the day poached with French style aioli
(本日の焼き魚・フレンチ風アイオリソース添え) 200バーツ
-Duck with mushroom Sauce(ロースト・ダックのマッシュルームソースがけ) 220バーツ
-Seafood and chicken with rice saffron(シーフード&チキン入りサフランライス<パエリア風>) 300バーツ
-テーブルワイン(デキャンタ) 310バーツ

空芯菜の炒め物 カニ炒飯牛肉のカレー炒め

空芯菜の炒め物 カニ炒飯

タンがない時点でかなりやる気を失っていたのですが、ん?さすが元F1レーサーのシェフ!!!どれもお味が良く、とっても美味しい。付け合せにのっているポテトやラタトゥイユまで美味しいとは(特にポテト)。皆のワインを飲む手も進んで、更にワインを追加でオーダー!中でもお魚が一番皆に好評でした♪

ショーケースにはデザートのクレーム・ブリュレが並んでいたのですが、お腹一杯でそこまでたどり着けませんでした。残念。
次回はまたタン・シチューに出会えますように。そしてデザートも食べるぞ!!・・・と、何回でも理由を付けてはリベンジしたくなるお勧めのフレンチ・レストランです。


レストラン詳細

ル・グランプリ・レストラン
Le Grand Prix Bar-Restaurant
114/58 Kata Center 83100 Phuket
TEL: 076 330568
OPEN: 16:00-late
HOLIDAY: ローシーズン中は不定休

ページトップへ